ためらいのリアル医療倫理 : 命の価値は等しいか?

岩田健太郎 著

延命治療をすべきか否か、人工妊娠中絶は正しいか正しくないか…イエスかノーかの二者択一をせまる命題は、医療の現場にはそぐわない。我々のとるべき態度とは、白い黒かの二元論から離れ、ためらいの口調で静かに対象と向き合うことではないか。3.11被災地における体験を縦糸に、命の価値をめぐる考察を黄糸に、数々の修羅場をくぐりぬけてきた感染症医がその経験知をもとに贈る、患者も含め医療にかかわるすべての人に読んでもらいたいリアルな医療倫理の手引き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沈黙するよりほかない現場を前に
  • 2 イエス・ノー・クエスチョンから遠く離れて
  • 3 死の定義は変わりゆく
  • 4 ためらいつつ対峙する、という態度
  • 5 世界を白と黒で塗り分けすぎない
  • 6 医療者は「神の視点」に立てるか
  • 7 理性的なリスクテイカーをめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ためらいのリアル医療倫理 : 命の価値は等しいか?
著作者等 岩田 健太郎
書名ヨミ タメライ ノ リアル イリョウ リンリ : イノチ ノ カチ ワ ヒトシイカ
シリーズ名 生きる技術!叢書 : art of living
出版元 技術評論社
刊行年月 2011.10
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4837-3
NCID BB06902372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21984857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想