オーケストラの文明史 : ヨーロッパ三千年の夢

小宮正安 著

オーケストラはいつ生まれ、なぜ現在の姿をとるようになったのか?人々がその響きに託してきた夢とは?時代によって変転するオーケストラの姿を描き、その響きに深く刻み込まれたヨーロッパの文化・思想を鮮やかに浮き彫りにした好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代世界への憧憬
  • 2 宮廷という宇宙
  • 3 ボーダーとボーダーレス
  • 4 覚醒の響き
  • 5 交響楽団とベートーヴェン
  • 6 「普遍性」とオーケストラ
  • 7 専門家のユートピア
  • 8 機械仕掛けの管弦楽?
  • 9 共同体の夢と現実
  • 10 崩れゆく世界の彼方に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーケストラの文明史 : ヨーロッパ三千年の夢
著作者等 小宮 正安
書名ヨミ オーケストラ ノ ブンメイシ : ヨーロッパ 3ゼンネン ノ ユメ
出版元 春秋社
刊行年月 2011.9
ページ数 242, 2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-93027-4
NCID BB06893577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21993083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想