「第九」と日本出会いの歴史

ベートーヴェン・ハウスボン 編 ; ニコレ・ケンプケン 著 ; ヤスヨ・テラシマ=ヴェアハーン 訳 ; 大沼幸雄 監訳

ベートーヴェンの「第九」にある「すべての人々は兄弟となる」との頌詩が板東で広く受け入れられた。「バルトの楽園」で脚光を浴びた板東収容所の俘虜の音楽活動に焦点を当てたビジュアル歴史読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 膠州のドイツ租借地
  • 丸亀の寺社内に設けられた仮俘虜収容所
  • 板東のバラック式収容所
  • ベートーヴェン作品のコンサートプログラム
  • パウル・エンゲルとその手紙
  • 板東における日本初演交響曲第九番
  • ベートーヴェン作品の入った他のコンサート・プログラム
  • その他のコンサート
  • 板東の劇場と演劇
  • 人形劇と展覧会
  • 俘虜生活の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「第九」と日本出会いの歴史
著作者等 Beethoven-Haus
Kämpken, Nicole
Terashima=Wehrhahn, Yasuyo
ベートーヴェンハウスボン
佐藤 英
大沼 幸雄
テラシマ=ヴェアハーン ヤスヨ
ケンプケン ニコレ
書名ヨミ ダイ9 ト ニホン デアイ ノ レキシ : バンドウ ドイツジン フリョ シュウヨウジョ ノ エンソウカイ ト ブンカ カツドウ ノ キロク
書名別名 板東ドイツ人俘虜収容所の演奏会と文化活動の記録
出版元 彩流社
刊行年月 2011.9
ページ数 126p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7791-1654-4
NCID BB06884962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21992886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想