指揮者の役割

中野雄 著

オーケストラにとって指揮者は不可欠のカリスマか、それとも単なる裸の王様か?どんな能力と資質が必要とされるのか?ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、そしてアムステルダムのコンセルトヘボー管弦楽団を舞台に、フルトヴェングラーからカラヤン・小澤をへてゲルギエフまで-巨匠たちの仕事と人間性の秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 指揮者の四つの条件
  • 第1章 指揮者なんて要らない?-ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(絶美・陶酔のアンサンブル体験
  • ウィーン・フィルの恐るべき力量 ほか)
  • 第2章 カラヤンという時代-ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(凄腕揃いのチェロとコントラバス
  • カラヤンの残像 ほか)
  • 第3章 オーケストラが担う一国の文化-ロイヤル・コンセルトヘボー管弦楽団・アムステルダム(伝説の奏者ヘルマン・クレッバース
  • ピーツ・ランバーツの回想 ほか)
  • 終章 良い指揮者はどんな指示を出すのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 指揮者の役割
著作者等 中野 雄
書名ヨミ シキシャ ノ ヤクワリ : ヨーロッパ 3ダイ オーケストラ モノガタリ
書名別名 ヨーロッパ三大オーケストラ物語

Shikisha no yakuwari
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2011.9
ページ数 316, 3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603688-0
NCID BB06862460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21986758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想