これでいいのか小中一貫校 : その理論と実態

山本由美, 藤本文朗, 佐貫浩 編

教育学、発達心理学、学校建築、地方財政…「危うい実験」を多角分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 小中一貫校問題とは何か(なぜこの問題が出てきたのか
  • 小中一貫教育・一貫校に教育学的根拠はあるのか-「地域主権」下で進む危うい学校改変の危険性
  • 発達論から見た小中一貫教育
  • 「小中一貫教育」と子どもの生活-品川の生活指導と市民科教育を中心に
  • 学校建築から小中一貫校問題を考える
  • 財政分析で透視する小中一貫問題)
  • 第2部 各地の小中一貫校の実態と学校統廃合(京都市東山区の小中一貫校と学校統廃合
  • 学校・地域の歴史の中で統廃合問題を考える-京都における小中一貫校作りの「前史」
  • 東京・品川における小中一貫教育・一貫校の現実と問題点
  • 大阪府門真市での小中一貫教育、学校統廃合、学校統制
  • 一体型校舎建築に反対する三条市の運動
  • 統廃合計画を廃案に追い込んだ文京区民の運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これでいいのか小中一貫校 : その理論と実態
著作者等 佐貫 浩
山本 由美
藤本 文朗
書名ヨミ コレ デ イイノカ ショウ チュウ イッカンコウ : ソノ リロン ト ジッタイ
書名別名 Kore de iinoka sho chu ikkanko
出版元 新日本出版社
刊行年月 2011.9
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-406-05505-5
NCID BB06857904
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21988129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想