マルクスのアソシエーション論

大谷禎之介 著

「各個人の十全で自由な発展」を実現する社会をめざしたマルクス。顕微鏡的穿鑿を踏まえて「発展形態の内的紐帯」を探るマルクス。そのようなマルクスをどのように読み解けば、彼の理論と思想から現代の社会運動が必要としている指針を読み取ることができるか。長年にわたる渾身のマルクス研究がここにひとつの読み方を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「現存社会主義」は社会主義か
  • 第1部 アソシエーションとはどういう社会か(マルクスのアソシエーションとはどういう社会か
  • 「資本主義的生産の否定」はなぜ「個人的所有の再建」か
  • 「アソーシエイトする」とはどういうことか)
  • 第2部 ソ連の社会は「社会主義」だったか(ソ連の社会は国家資本主義だった
  • ソ連の社会は資本主義だった)
  • 第3部 アソシエーションをめざして(アソーシエイトした労働とはどのような労働か
  • アソシエーションを実現する個人はどのようにして生まれるのか
  • 資本主義はアソシエーションを懐妊し産みおとす
  • 自由な諸個人のアソシエーションをめざして)
  • マルクスにとって『資本論』とはどういうものだったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクスのアソシエーション論
著作者等 大谷 禎之介
書名ヨミ マルクス ノ アソシエーションロン : ミライ シャカイ ワ シホン シュギ ノ ナカ ニ ミエテイル
書名別名 未来社会は資本主義のなかに見えている

Marukusu no asoshieshonron
出版元 桜井書店
刊行年月 2011.9
ページ数 430p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-905261-03-2
NCID BB06850064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21984231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想