年表で読む日本食品産業の歩み  明治・大正・昭和前期編

西東秋男 編

日本人の食品に対するこだわりと、それを生み出した企業の努力を知らずに近代の食品は語れない。味の素、アサヒビール、江崎グリコ、カゴメ、カルピス、キッコーマン、キリンビール、サッポロビール、サントリー、大洋漁業、虎屋、日清食品、日本食堂、日本ハム、不二家、ブルドックソース、文明堂総本店、丸美屋食品工業、明治製菓、メルシャン、森永製菓、山崎製パン、ヤマサ醤油、山本山、UCC上島珈琲、雪印乳業etc…の企業・食品をとりあげている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1868(明治1年)-中国人の蓮昌泰、東京でラムネの製造を始める
  • 1869(明治2年)-町田房蔵、アイスクリームを日本で初めて製造販売
  • 1870(明治3年)-コープランド、横浜にビール醸造所「スプリング・バレー・ブルワリー」設立
  • 1871(明治4年)-長崎の松田雅典、缶詰を試作
  • 1872(明治5年)-大阪の渋谷庄三郎、渋谷麦酒製造所を起こす
  • 1873(明治6年)-司法省、初の食品衛生取締りに関する布達を出す
  • 1874(明治7年)-鈴木岩治郎、神戸に鈴木商店設立
  • 1875(明治8年)-甲府の野口正章、『東京日日新聞』に「三ッ鱗ビール」の広告を掲載(3月16日)
  • 1876(明治9年)-わが国初の官営ビール工場、開拓使麦酒醸造所竣工(9月8日)
  • 1877(明治10年)-第1回内国勧業博覧会、東京上野公園で開催(8月21日〜11月30日)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 年表で読む日本食品産業の歩み
著作者等 西東 秋男
書名ヨミ ネンピョウ デ ヨム ニホン ショクヒン サンギョウ ノ アユミ
巻冊次 明治・大正・昭和前期編
出版元 山川出版社
刊行年月 2011.8
ページ数 321p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-59070-0
NCID BB06807371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想