中国社会の見えない掟 : 潜規則とは何か

加藤隆則 著

不当逮捕、違法監禁、冤罪、汚職、言論弾圧、闇取引-法より優先される面子・掟とは何か?暗黙のルールが支配する中国の裏側を覗く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「潜規則」とは
  • 面子は法を超える
  • 冤罪を生む黒箱
  • 大事を小事に変え、小事を無にする
  • 見せしめと「看客」
  • 清官は貪官に淘汰される
  • 泰山より重い家法
  • 災難を祭典に、反省を賛美に
  • 赤信号を渡る人々
  • 文字には魂が宿る
  • 魚肉の扱いを受ける老百姓
  • 国旗は漢族のもの
  • 鬼にも神にもなる外賓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国社会の見えない掟 : 潜規則とは何か
著作者等 加藤 隆則
書名ヨミ チュウゴク シャカイ ノ ミエナイ オキテ : センキソク トワ ナニカ
書名別名 Chugoku shakai no mienai okite
シリーズ名 講談社現代新書 2123
出版元 講談社
刊行年月 2011.9
ページ数 285p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288123-4
NCID BB06797507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21986703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想