天文学をつくった巨人たち : 宇宙像の革新史

桜井邦朋 著

ガリレオが自作の望遠鏡を天に向けたとき、近代天文学の幕が開いた。以来発展を続け、ケプラーは惑星運動の法則を発見、ニュートンは力学的宇宙論を、アインシュタインは相対論的宇宙論を創出した。そしてガモフの火の玉宇宙論へ。宇宙像は変容を重ね、今や「光の宇宙」が姿を現しつつある。科学探査機は星々の誕生と進化の道筋を明らかにした。宇宙物理学と名を変えた天文学の歩みを巨人たちの素顔とともに伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天文学から宇宙物理学へ
  • ガリレオ-望遠鏡で見た宇宙
  • ケプラーとブラーエ-数的な神秘を漂わす宇宙
  • ニュートン-重力の発見がもたらしたもの
  • ラプラスとカント-進化する宇宙へ
  • アインシュタイン-相対論的宇宙像への道
  • 重力の宇宙から光の宇宙へ-宇宙時代の天文学へ
  • シャプレーとオールト-天の川銀河の構造を探る
  • ハッブルとフリードマン-膨張する宇宙の発見
  • ガモフ、ホイル、そしてWMAPグループ-「宇宙論」と呼ぶ理論とは
  • 広がる地平-宇宙物理学の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天文学をつくった巨人たち : 宇宙像の革新史
著作者等 桜井 邦朋
書名ヨミ テンモンガク オ ツクッタ キョジンタチ : ウチュウゾウ ノ カクシンシ
シリーズ名 中公新書 2130
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.9
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102130-4
NCID BB06787172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22008397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想