建築の還元 : 更地から考えるために

南泰裕 著

現代において建築は、還元/構成という試行をその時々において徹底することでしか成立し得ない-思想と建築とを切り結ぶ可能性の地平を切り拓き、復興期新精神の土台を提供する、俊英による本格建築論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 構成と批評-建築に内在する他者について
  • 第1章 建築の還元-表現されるものの方法と基準をめぐって(関係の切断
  • 建築的還元 ほか)
  • 第2章 建築を思考すること(建築と思想の離接について-四つの系をめぐる八つのキーワード
  • 二〇世紀・都市・建築および諸思想について-建築をめぐる二〇世紀前半のスパイラル・セリー、断章 ほか)
  • 第3章 様々なる建築家(傾いた柱-レム・コールハースの五つの建築をめぐって
  • スティーヴン・ホール-サルファティストラート・オフィス/再帰的知覚モデル ほか)
  • 終章 粒状化する世界、塔の林立と不能、未触のクライシスまたは都市の還元-traverse from 1991 to 2011

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築の還元 : 更地から考えるために
著作者等 南 泰裕
書名ヨミ ケンチク ノ カンゲン : サラチ カラ カンガエル タメニ
書名別名 Kenchiku no kangen
出版元 青土社
刊行年月 2011.9
ページ数 310, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6616-1
NCID BB06786249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21973919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想