脱原子力社会へ

長谷川公一 著

エネルギーの選択は、どのような未来を選びとるのか、社会のあり方の選択の問題でもある。電力のグリーン化をキーワードに、カリフォルニアやドイツでの「省エネ」を超えたエネルギーの効率利用、再生可能エネルギー活用の実践をふまえ、政府・企業・NGO・消費者の協働にもとづく、未来志向的な「脱原子力大国」への政策転換を提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ原子力発電は止まらないのか(福島第一原発事故の教訓
  • なぜ原発建設は続いてきたのか
  • 札束と権力-原子力施設受容のメカニズム
  • 原発推進路線の袋小路)
  • 第2章 「グリーン化」は二一世紀の合い言葉(原子力離れと電力のグリーン化
  • サクラメント電力公社の再生が意味するもの
  • 地球温暖化と「原子力ルネサンス」
  • 電力をグリーン化するために)
  • 第3章 地域からの新しい声(巻原発住民投票の背景と帰結
  • 再生可能エネルギーによる地域おこし
  • 市民風車と市民共同発電)
  • 第4章 脱原子力社会に向けて(エネルギーとデモクラシー
  • ドイツはなぜ脱原子力に転換できたのか
  • 日本の選択)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱原子力社会へ
著作者等 長谷川 公一
書名ヨミ ダツ ゲンシリョク シャカイ エ : デンリョク オ グリーンカスル
書名別名 電力をグリーン化する

Datsu genshiryoku shakai e
シリーズ名 岩波新書 新赤版1328
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.9
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431328-1
NCID BB06773961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21992316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想