「私の四つのお願い」の書き方 : 医療のための事前指示書

箕岡真子 著

「突然の病気」「予期していなかった認知症」などもし、自分の意思とは違う生活を強いられることになったとしたら、今後の人生を自分で決めるために、自分の最期の生き方を…一度考えてみませんか。『私の四つのお願い』の冊子は、"あなたが重い病気にかかり、自分の意思を伝えることができなくなったときに、助かる見込みがない終末期であると判断されたのであれば、自分の医療ケアをどうしてほしいのか"ということを、ご家族をはじめ、あなたの親しい人々、医療担当者に伝えることをお手伝いします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ医療のための事前指示書が必要なのか(認知症の人は増えています
  • 認知症が進行すると、自分で、自分のことを決めることができにくくなってきます
  • 自分で、自分のことを決められるうちに、将来の、自分の治療方針について決めておくことが大切です
  • 『私の四つのお願い』は"生きること"を大切にしたいと願っています)
  • 2 事前指示書『私の四つのお願い』とは?(私のお願い1の書き方
  • 私のお願い2の書き方
  • 私のお願い3の書き方
  • 私のお願い4の書き方
  • よい事前指示書を書くために)
  • 3 終末期に何を決断するのか(認知症終末期の緩和ケア
  • 終末期の医療について決断する
  • 決断したことを実行することの難しさ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「私の四つのお願い」の書き方 : 医療のための事前指示書
著作者等 箕岡 真子
書名ヨミ ワタクシ ノ 4ツ ノ オネガイ ノ カキカタ : イリョウ ノ タメノ ジゼン シジショ
出版元 ワールドプランニング
刊行年月 c2011
ページ数 36p
大きさ 30cm
NCID BB06758108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想