ドングリの謎 : 拾って、食べて、考えた

盛口満 著

「ボルネオで世界最大のドングリを拾う」長年の夢を叶え学校に戻った僕を、同僚や生徒からのたくさんの質問が待っていた。ドングリって何?「ドングリの木」があるの?果実なの、種子なの?ドングリについている帽子みたいなやつって何?なぜドングリからは虫が出てくるんだろう?生物教師が拾いながら、食べながら考えた「ドングリの謎」。楽しいイラスト多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 拾いながら、考えたこと
  • 2 食べながら、考えたこと
  • 3 そして結局、こうなった
  • 最後に一言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドングリの謎 : 拾って、食べて、考えた
著作者等 盛口 満
書名ヨミ ドングリ ノ ナゾ : ヒロッテ タベテ カンガエタ
書名別名 Donguri no nazo
シリーズ名 ちくま文庫 も23-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.9
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42850-9
NCID BB06757783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21993218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想