神聖なる海獣

河島基弘 著

欧米人の鯨観の謎に迫り、その恣意性を暴く。誰が何の目的で鯨を神聖視し特別扱いし、メディアがどのように表象してきたか-その過程を徹底的に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鯨の自然史、捕鯨の歴史
  • 第2章 動物保護運動と鯨
  • 第3章 捕鯨問題の政治性
  • 第4章 抗議ビジネスとしての環境保護
  • 第5章 メディアと鯨
  • 第6章 捕鯨文化と世界観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神聖なる海獣
著作者等 河島 基弘
書名ヨミ シンセイナル カイジュウ : ナゼ クジラ ガ セイヨウ デ トクベツ アツカイサレルノカ
書名別名 なぜ鯨が西洋で特別扱いされるのか

Shinseinaru kaiju
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2011.9
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0557-7
NCID BB06750638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22000433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想