医学と仮説 : 原因と結果の科学を考える

津田敏秀 著

なぜタバコやピロリ菌が発がん物質と言えるのか。放射線被曝と、その後に発症したがんとの因果関係はどのように証明されるのか。公害事件で医学者の言動に潜む非科学性を問うてきた著者が、水俣病・タミフル・放射能など具体例を通して、「実験によるメカニズムの解明こそ科学」という一見すると妥当な考え方の問題点を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 科学の証明-因果は医者にも見えないので間違える(約五〇〇〇人を対象とした発がん研究
  • 国際がん研究機関IARC ほか)
  • 2 科学と実験-因果はDNAまで見ないと分からないか(自然科学と科学の目的
  • 科学の基本用語 ほか)
  • 3 科学と社会-因果推論の遅れがもたらす問題(日本で実際に起こった要素還元主義に基づく失敗例
  • 森永ヒ素ミルク中毒事件 ほか)
  • 4 科学と哲学-因果はなぜ見えないか(因果関係は難しいのか?
  • ヒュームは原因を定義した ほか)
  • 5 科学と仮説-因果を整理する(非巡回有向グラフDAGを描く
  • 交絡要因と別ルート ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学と仮説 : 原因と結果の科学を考える
著作者等 津田 敏秀
書名ヨミ イガク ト カセツ : ゲンイン ト ケッカ ノ カガク オ カンガエル
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 184
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.9
ページ数 118, 2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029584-0
NCID BB06747597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21993378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想