コッホの『バウムテスト「第三版」』を読む

山中康裕, 岸本寛史 著

コッホのテキストと現代の心理臨床をつなぐ。初版公刊後50年以上をへて、ようやくその真の価値が見直されたコッホのテキストを、現代の臨床の場で本当に生かすためには、どう読み、どう理解すればよいか。知識と経験をもとに二人の臨床家がくり広げる豊かな語りの世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 基本姿勢
  • 第2章 診断と見立て
  • 第3章 木と人間
  • 第4章 十字象徴と空間象徴
  • 第5章 空間象徴図式の適用の実際
  • 第6章 バウムの発達的側面
  • 第7章 早期型と退行
  • 第8章 具体的事物に縛られない線
  • 第9章 描画のプロセス
  • シンポジウム 「コッホの『バウムテスト(第三版)』を読む」から
  • 象徴としての木-特に日本における木に焦点を当てて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コッホの『バウムテスト「第三版」』を読む
著作者等 山中 康裕
岸本 寛史
書名ヨミ コッホ ノ バウム テスト ダイ 3パン オ ヨム
出版元 創元社
刊行年月 2011.9
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11513-9
NCID BB06744544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21992260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想