世界一のトイレウォシュレット開発物語

林良祐 著

おしり洗いから、脱臭、ふたのオート開閉などのハイテク機能の数々は、「かゆいところに手が届く」「至れり尽くせり」「心配り」といった日本人ならではの繊細な感性と、徹底したものづくりの姿勢から誕生した。ガラパゴス的に開発されながら、なぜ世界で受け入れられていったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ウォシュレットが日本のトイレを変えた
  • 第2章 「文化」をつくる面白さに出合う
  • 第3章 次世代便器「ネオレスト」の誕生とアメリカでぶつかった文化の壁
  • 第4章 「アプリコット」から新型「ネオレスト」開発まで
  • 第5章 節水、節電、デザイン-激化する開発競争
  • 第6章 トイレの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界一のトイレウォシュレット開発物語
著作者等 林 良祐
書名ヨミ セカイイチ ノ トイレ ウォシュレット カイハツ モノガタリ
シリーズ名 朝日新書 315
出版元 朝日新聞
刊行年月 2011.9
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273415-0
NCID BB06742378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21982621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想