輿

櫻井芳昭 著

天皇の行幸から斎王群行、姫君たちの輿入れまで。千二百年にわたって用いられてきた輿の種類と使用実態を明らかにし、輿を担いだ人びとの生活や諸外国の人担乗用具にも言及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 乗り物としての輿(日本での輿の変遷
  • 婚礼の輿
  • 諸外国での人担乗用具)
  • 第2章 輿の種類(輿の特徴
  • 輿の備品と通行
  • 輿の所蔵)
  • 第3章 輿の使用実態(天皇
  • 斎王群行と斎王代
  • 諸家など
  • 輿を継承した使用例)
  • 第4章 輿を担ぐ人たち(駕輿丁
  • 四府駕輿丁座
  • 八瀬童子
  • 洛中洛外図屏風に見る賀輿丁
  • 近世の賀輿丁)
  • 第5章 輿と日本文化(明治以降への輿の継承
  • 交通史における輿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 輿
著作者等 櫻井 芳昭
書名ヨミ コシ
書名別名 Koshi
シリーズ名 ものと人間の文化史 156
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.9
ページ数 235, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21561-2
NCID BB0673194X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21996956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想