江戸人の精神絵図

野口武彦 著

禁欲的知識人=定信の倒錯した自己顕示欲、徂徠による政治の虚構性の暴露と絶対的な「聖人信仰」、東湖を殺めた安政大地震期に水戸藩が暴走した理由、慊堂と弟子ネットワークなど、武士的社会の内実を読解。秋成の欠損した指と自意識、源内の山師的精神の背景、銅脈先生の酔生夢死的生活を活写し、江戸時代人の精神構造の前近代性と現代性に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プロローグ(松平定信の暗い「昼」)
  • 2 武士的なるものの内景(徂徠政治学の原点
  • 徂徠のアジビラ
  • 松平外記一件始末-化政期精神風土の一断面
  • 生きがいを見つけた旗本-遠山金四郎・大田蜀山人
  • 思想的党派者の悲劇-藤田東湖
  • 藤田東湖の死)
  • 3 江戸文学の光と闇(江戸人の六つの夢
  • 自意識と癇癖-諷刺家上/秋成
  • 酒鬼登僊-銅脈先生補伝
  • 源内の笑いと現代の笑い
  • 花の名は人めきて-萩原広道と本居宣長)
  • 4 エピローグ(文政リベラリズムの終焉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸人の精神絵図
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ エドジン ノ セイシン エズ
書名別名 江戸人の昼と夜
シリーズ名 講談社学術文庫 2073
出版元 講談社
刊行年月 2011.9
ページ数 307p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292073-5
NCID BB06718985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21985513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想