中世武士団

石井進 [著]

「土」と結びついたイエ支配権の強固さと独立性を持つ根生いの在地支配者たち。彼らの生活と意識、変容の過程、荘園や城下町の様子、そして近世とともに喪失した「自立性」への惜しみない哀悼。平安後期から戦国期の終焉にかけて時代を担った社会集団の実態と中世社会の構造を、歴史書、文学作品、考古資料を駆使して活写した、中世史研究の白眉。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中世武士団の性格と特色-はじめに
  • 曾我物語の世界
  • 敵討とその周辺
  • 「兵」の館をたずねて
  • 「兵」から鎌倉武士団へ
  • 板碑は語る
  • 武士団とは何か
  • 小早川の流れ(鎌倉時代の歩み
  • 南北朝・室町時代の武士団)
  • 埋もれていた戦国の城下町-朝倉氏の一乗谷
  • 失われたもの、発見されるもの-おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世武士団
著作者等 石井 進
書名ヨミ チュウセイ ブシダン
シリーズ名 講談社学術文庫 2069
出版元 講談社
刊行年月 2011.9
ページ数 443p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292069-8
NCID BB06716196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21985512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想