スポーツ・エネルギー学序説

金子公宥 著

[目次]

  • 「スポーツ・エネルギー学」とは
  • エネルギーと人とのかかわり
  • 筋エンジンの構造と機能
  • 筋収縮のためのエネルギー(入力)の産生
  • 高エネルギーリン酸の発見とエネルギー供給
  • 健康づくりのパワーとトレーニング
  • 力学的エネルギー(出力)と慣性負荷
  • 筋力学の展開
  • エネルギーの変換効率
  • 「効率」から生まれた"ばね作用"
  • ヒトの筋腱複合体における微細機構の解明
  • 歩く運動のエネルギー
  • 疾走運動のエネルギー
  • 等速度で走る運動のエネルギー
  • 跳ぶ運動のエネルギー
  • 投げる運動のエネルギー
  • 種々スポーツ種目のエネルギー測定事例
  • 空気抵抗と運動のパワー
  • 月面ジャンプと「宇宙船内体操」
  • 出力パワーの限界と「人力飛行」
  • 結びにかえて-時間は誰にも平等か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ・エネルギー学序説
著作者等 金子 公宥
書名ヨミ スポーツ エネルギーガク ジョセツ
書名別名 A trial in sport bioenergetics
出版元 杏林書院
刊行年月 2011.9
ページ数 236p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7644-1121-0
NCID BB06699100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21967766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想