障害者の経済学

中島隆信 著

弱者として遠ざけるのか、読んで一歩近づくのか?新たな現場取材により障害者就労の章を書き下ろし、制度改正も反映した待望の増補改訂版。第49回日経・経済図書文化賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ『障害者の経済学』なのか
  • 第1章 障害者問題がわかりにくい理由
  • 第2章 「転ばぬ先の杖」というルール
  • 第3章 親は唯一の理解者か
  • 第4章 障害者差別を考える
  • 第5章 施設は解体すべきか
  • 第6章 養護学校はどこへ行く
  • 第7章 障害者は働くべきか
  • 第8章 障害者の暮らしを考える
  • 第9章 障害者就労の現状と課題
  • 終章 障害者は社会を映す鏡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害者の経済学
著作者等 中島 隆信
書名ヨミ ショウガイシャ ノ ケイザイガク
書名別名 Shogaisha no keizaigaku
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2011.9
版表示 増補改訂版.
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-492-31416-6
NCID BB06696984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21982971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想