社会構造とゼマンティク  1

ニクラス・ルーマン 著 ; 徳安彰 訳

歴史を素材にしたルーマンの知識社会学再考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会構造とゼマンティクの伝統
  • 第2章 上流諸階層における相互行為-十七世紀と十八世紀におけるそのゼマンティクの転換について
  • 第3章 初期近代の人間学-社会の進化問題の理論技術上の解決
  • 第4章 複雑性の時間化-近代の時間概念のゼマンティクについて
  • 第5章 自己言及と二項図式化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会構造とゼマンティク
著作者等 Luhmann, Niklas
三谷 武司
山名 淳
徳安 彰
毛利 康俊
福井 康太
赤堀 三郎
阿南 衆大
馬場 靖雄
高橋 徹
ルーマン ニクラス
書名ヨミ シャカイ コウゾウ ト ゼマンティク
書名別名 Gesellschaftsstruktur und Semantik

Shakai kozo to zemantiku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 961
巻冊次 1
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.9
ページ数 419, 14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00961-7
NCID BB0666864X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21997153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想