幸せの尺度 : 「サステナブル日本3.0」をめざして

大橋照枝 著

「3.11」が教える日本のこれからは、将来世代の幸福感・満足度を確保する「サステナブル日本3.0」へのパラダイム・シフトである。それは、著者長年の「持続可能な社会厚生指標HSM(人間満足度尺度)」の多角的研究によるバージョンアップから生まれた結論と同じであった。「幸福立国」を求めて-新サステイナブル日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 幸福と持続可能な発展
  • 第1章 持続可能な社会厚生指標を求めて
  • 第2章 ブータンのGNH(国民総幸福)
  • 第3章 持続可能な社会厚生指標:HSM(人間満足度尺度)の発想と展開
  • 第4章 HSMバージョンアップの系譜 HSMの計算方法と調査方法の変遷
  • 第5章 持続可能性指標としての民主主義
  • 第6章 「民主主義」を折り込んだHSM Ver.6
  • 終章 持続可能な日本へのパラダイムシフト「サステナブル日本3.0」をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幸せの尺度 : 「サステナブル日本3.0」をめざして
著作者等 大橋 照枝
書名ヨミ シアワセ ノ シャクド : サステナブル ニホン 3.0 オ メザシテ
書名別名 Shiawase no shakudo
シリーズ名 麗澤大学経済学会叢書
出版元 麗澤大学出版会 : 廣池学園事業部
刊行年月 2011.8
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89205-606-2
NCID BB06666520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21971353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想