ミシェル・フーコー : 近代を裏から読む

重田園江 著

フーコーは、私たちが自明視する世界のありようを、全く違ったしかたで見せる。「価値を変えろ!」と迫るその思想の核心に、どうすればたどり着けるのか?本書は、最高傑作『監獄の誕生』を糸口にフーコーの全貌に迫ることで、その思考の強靱さと魅力と、それを支える方法とを、深く広く、生き生きと描き出す。正常と異常の区分を生み出す「知」の体系と結びつき、巧妙に作用する「権力」。そうした秩序が社会の隅々にまで浸透する近現代を、フーコーはどう描き、その先に何を見定めたのか。魂を揺さぶる革命的入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フーコーの世界へ
  • 2 身体刑とその批判
  • 3 規律権力
  • 4 近代国家と統治
  • 5 監獄ふたたび
  • フーコーのリアルと、彼をつかまえにゆく方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシェル・フーコー : 近代を裏から読む
著作者等 重田 園江
書名ヨミ ミシェル フーコー : キンダイ オ ウラ カラ ヨム
シリーズ名 ちくま新書 922
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.9
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06627-5
NCID BB06665539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21992321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想