いま、働くということ

橘木俊詔 著

人はなぜ働くのか、どのように働けばいいのか。人類の歴史は「働くということ」に向き合ってきた歴史であり、古今東西の数多の偉人たちが人間と労働の関係について考えを巡らせてきた。本書では、働くことの意味、余暇とは何か、女性の労働、働かないことなど、様々な側面から「働くということ」に切り込み、ますます多様化する現代社会が直面している諸課題を展望するための足掛かりとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 偉人は働くことをどう考えたか
  • 第2章 人間にとって余暇とは-余暇の大切さと日本人の思い
  • 第3章 働くことって意義あるのか
  • 第4章 女性の労働
  • 第5章 働かないということ
  • 第6章 意欲を持って働くことは可能か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま、働くということ
著作者等 橘木 俊詔
書名ヨミ イマ ハタラク ト イウ コト
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.9
ページ数 194, 10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06109-9
NCID BB06658340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想