メディアとジャーナリズムの理論 : 基礎理論から実践的なジャーナリズム論へ

仲川秀樹, 塚越孝 著

アカデミズムとジャーナリズムの視点からマスコミ世界を分析。理論的研究と、トピックをふまえた実証的研究を中心に、マス・コミュニケーションの存在価値を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • メディア・フレーム(メディアの本質
  • パーソナル・メディアの浸透 ほか)
  • メディアとコミュニケーション(メディアの前提
  • コミュニケーションの前提 ほか)
  • マス・コミュニケーションとマス・メディアの理論(マス・コミュニケーションの基礎理論
  • マス・メディアの理論 ほか)
  • ジャーナリズムと世論(世論の登場とジャーナリズム
  • ジャーナリズムの影響力 ほか)
  • 実践的ジャーナリズム論(言語から考える
  • 大衆文化から考える ほか)
  • 実践的ジャーナリズム論2(映像ジャーナリズムから考える
  • 政治ジャーナリズムから考える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアとジャーナリズムの理論 : 基礎理論から実践的なジャーナリズム論へ
著作者等 仲川 秀樹
塚越 孝
書名ヨミ メディア ト ジャーナリズム ノ リロン : キソ リロン カラ ジッセンテキナ ジャーナリズムロン エ
書名別名 Theory of media & journalism
出版元 同友館
刊行年月 2011.8
ページ数 229p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-496-04782-4
NCID BB06644594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21969138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想