新・日本文壇史  第6巻 (文士の戦争、日本とアジア)

川西政明 著

満州事変に始まるアジア太平洋戦争の時代-一九三〇年代から四〇年代にかけて、多くの文学者が戦地に動員された。武田泰淳・火野葦平・宮柊二・田村泰次郎らの中国戦線、高見順・野間宏・阿部知二・加藤道夫らの南方戦線での足跡を克明にたどる。また、当時「外地」といわれた中国でこの時代を過した林京子・清岡卓行・三木卓・加藤幸子らの少年・少女時代の体験と後の文学活動の関連を探り、「ヒロシマ・ナガサキ」の悲劇が生みだした井伏鱒二・原民喜らの原爆文学に及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第31章 火野葦平の戦場
  • 第32章 山西省の戦闘 田村泰次郎、洲之内徹、宮柊二
  • 第33章 武田泰淳と安徽省のK村
  • 第34章 文士とアジア
  • 第35章 少年少女たちの外地-大連・新京・北京・ソロン
  • 第36章 上海の路地と長崎の道
  • 第37章 「一つの嘆き」と「無数の嘆き」
  • 第38章 井伏鱒二と広島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・日本文壇史
著作者等 川西 政明
書名ヨミ シン ニホン ブンダンシ
書名別名 文士の戦争、日本とアジア
巻冊次 第6巻 (文士の戦争、日本とアジア)
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.8
ページ数 307, 2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028366-3
NCID BB06588336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21979804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想