天皇の暗号 : 明治維新140年の玉手箱

大野芳 著

孝明天皇の謎の死は、近代とともに南北朝の対立をも呼び寄せた。南朝の末裔を主張する熊沢天皇の登場、明治天皇すり替え説の根幹をなす大室家の存在、大逆事件の深層、そして座礁した幻のクーデター…維新成立にひそむ密約と暗号を追う異色ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天脈拝診日記抄
  • 熊沢天皇の登場
  • 天皇機関説の怪
  • 大逆事件の毒矢
  • 後醍醐帝の呪縛
  • 勅旨乱発に窮す
  • 孝明天皇の崩御
  • 慶応三年の疑惑
  • 玉は死守すべし
  • 烏羽伏見の戦い
  • 東京遷都と隆盛
  • 岩倉具視の死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の暗号 : 明治維新140年の玉手箱
著作者等 大野 芳
書名ヨミ テンノウ ノ アンゴウ : メイジ イシン 140ネン ノ タマテバコ
出版元 学研パブリッシング : 学研マーケティング
刊行年月 2011.6
ページ数 381p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-05-404831-7
NCID BB06569670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21951268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想