非計量多変量解析法 : 主成分分析から多重対応分析へ

足立浩平, 村上隆 著

[目次]

  • 1 主成分・非計量主成分・多重対応分析入門
  • 2 特異値分析から始める線形代数
  • 3 等質性基準に基づく多重対応分析
  • 4 主成分分析と非計量主成分分析
  • 5 対応分析と分割表基準
  • 6 多重対応分析の成分負荷基準と3手法の階層関係
  • 7 負荷行列とその回転
  • 8 MCAの負荷行列の回転の応用
  • 9 2値データ・馬蹄現象・難しさの因子
  • 付録 本書で使う線形代数の基礎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非計量多変量解析法 : 主成分分析から多重対応分析へ
著作者等 村上 隆
足立 浩平
日本行動計量学会
書名ヨミ ヒケイリョウ タヘンリョウ カイセキホウ : シュセイブン ブンセキ カラ タジュウ タイオウ ブンセキ エ
シリーズ名 シリーズ〈行動計量の科学〉 / 日本行動計量学会 編 9
出版元 朝倉書店
刊行年月 2011.8
ページ数 171p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-254-12829-1
NCID BB06552394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21972786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想