こころの免疫学

藤田紘一郎 著

「こころの病」は、脳だけでなく、食べ物や腸内細菌までも含めた、からだ全体の問題だった-。神経系、内分泌系、免疫系が密接に影響しあう驚きのメカニズム、セロトニンなど神経伝達物質生成における腸内細菌の重要な役割、そして、増加し続ける精神疾患に対する抜本的な意識改革の心要性…「こころの免疫力」をつけるための革命的パラダイム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「こころの病」は個性である
  • 第2章 幸せは腸から
  • 第3章 こころの健康は食べ物から
  • 第4章 共生する「こころの病」
  • 第5章 精神神経免疫学とは何か
  • 終章 リジリエンスで、「こころの病」から生還

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころの免疫学
著作者等 藤田 紘一郎
書名ヨミ ココロ ノ メンエキガク
書名別名 Kokoro no men'ekigaku
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2011.8
ページ数 186p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603684-2
NCID BB06549990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21974915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想