日本経済の底力 : 臥龍が目覚めるとき

戸堂康之 著

東日本大震災後の日本を立て直すにはどうすればよいのか-。この問題を考えるとき、震災前の日本経済が停滞していたことを忘れてはならない。以前に戻るのではなく、復興とセットになった新たな成長が必要なのだ。そのために効果的な取り組みとは何か。本書では、飛躍的成長の核になる。産業集積の考え方から、TPPの本質までをわかりやすく説き明かし、まだ眠っている日本の力を最大限に生かす道を明解に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 復興と成長
  • 第2章 経済成長の鍵その1-グローバル化
  • 第3章 グローバル化の方策-TPPを中心に
  • 第4章 経済成長の鍵その2-産業集績
  • 第5章 震災前の産業集積の実態
  • 第6章 「つながり」と「技術」による集積
  • 終章 日本人の底力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の底力 : 臥龍が目覚めるとき
著作者等 戸堂 康之
書名ヨミ ニホン ケイザイ ノ ソコジカラ : ガリョウ ガ メザメル トキ
書名別名 Nihon keizai no sokojikara
シリーズ名 中公新書 2124
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.8
ページ数 179p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102124-3
NCID BB06536252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21988075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想