司法福祉論 : 更生保護と権利擁護・成年後見

川村匡由 編著

司法福祉は、よりマクロな視点から福祉サービスの利用者や各種犯罪、商品取引における被害者の救済や権利擁護、犯罪者の更生保護など、ソーシャルワークとしての理論と実践が求められる。そこで、新カリキュラムの「更生保護制度」や「権利擁護と成年後見制度」はもとより、法的な問題を社会福祉全般から見据え、どのような場合にどのような保障が行われるべきか、事例を交えて理解する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 司法福祉の位置づけ
  • 第2章 司法福祉の沿革
  • 第3章 司法福祉の内容
  • 第4章 司法的機能
  • 第5章 福祉的機能
  • 第6章 司法福祉の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 司法福祉論 : 更生保護と権利擁護・成年後見
著作者等 川村 匡由
書名ヨミ シホウ フクシロン : コウセイ ホゴ ト ケンリ ヨウゴ セイネン コウケン
書名別名 Shiho fukushiron
シリーズ名 シリーズ21世紀の社会福祉 18
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.8
ページ数 213p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06066-5
NCID BB06535781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21974056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想