往生の極意

山折哲雄 著

日本宗教史に通暁する著者が、様々な生死観、往生観を紹介しながら、一人一人がそれぞれの死=往生を吟味するように促す、今こそ、老若男女が傾聴すべき「メメント・モリ(死を想え)」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 断食往生-西行の最期
  • 第2章 焼身往生-藤井日達など
  • 第3章 自然法爾-親鸞の往生観
  • 第4章 隠れ往生-一休の場合
  • 第5章 念仏往生-蓮如と一遍
  • 第6章 土葬の提言-葬送の意味の再発見
  • 第7章 惚け往生-良寛・法然・親鸞
  • 第8章 デクノボー往生-宮澤賢治
  • 補章 抑圧された神秘体験-賀川豊彦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 往生の極意
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ オウジョウ ノ ゴクイ
出版元 太田
刊行年月 2011.7
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7783-1265-7
NCID BB06533822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22015623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想