CIA秘録  上

ティム・ワイナー 著 ; 藤田博司, 山田侑平, 佐藤信行 訳

諜報によって第二の真珠湾攻撃を防ぐべく創設されたアメリカ中央情報局=CIA。だが、その60年に及ぶ歴史は、失敗と欺瞞の連続だった。トルーマンからクリントン、ブッシュJr.の時代まで、超大国の諜報機関がいかに転落の道を歩んだか、5万点を越す機密解除文書、300人以上の証言など、すべて実名の情報で明らかにする驚愕の書。全米図書賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 トルーマン時代-1945‐1953(「諜報はグローバルでなくては」誕生前
  • 「力の論理」創設期
  • 「火をもって火を制す」マーシャル・プラン
  • 「最高の機密」秘密工作の始まり
  • 「盲目のお金持ち」鉄のカーテン
  • 「あれは自殺作戦だ」朝鮮戦争
  • 「広大な幻想の荒野」尋問実験「ウルトラ」)
  • 第2部 アイゼンハワー時代-1953‐1961(「わが方に計画なし」スターリン死す
  • 「CIAの唯一、最大の勝利」イラン・モサデク政権転覆
  • 「爆撃につぐ爆撃」グアテマラ・クーデター工作
  • 「そして嵐に見舞われる」ベルリン・トンネル作戦
  • 「別のやり方でやった」自民党への秘密献金
  • 「盲目を求める」ハンガリー動乱
  • 「不器用な作戦」イラク・バース党
  • 「非常に不思議な戦争」スカルノ政権打倒
  • 「下にも上にもうそをついた」カストロ暗殺計画)
  • 第3部 ケネディ、ジョンソン時代-1961‐1968(「どうしていいか、だれにも分からなかった」ピッグズ湾侵攻作戦
  • 「われわれは自らも騙した」キューバ・ミサイル危機1
  • 「喜んでミサイルを交換しよう」キューバ・ミサイル危機2
  • 「親分、仕事はうまくやったでしょう」ゴ・ディン・ディエム暗殺
  • 「陰謀だと思った」ケネディ暗殺
  • 「不吉な漂流」トンキン湾事件)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 CIA秘録
著作者等 Weiner, Tim
佐藤 信行
山田 侑平
藤田 博司
ワイナー ティム
書名ヨミ CIA ヒロク : ソノ タンジョウ カラ コンニチ マデ
書名別名 Legacy of ashes

その誕生から今日まで
シリーズ名 文春文庫
巻冊次
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.8
ページ数 608p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-765176-3
NCID BB06523319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21965559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想