いのちの食べかた

森達也 著

魚は切り身で泳いじゃいない、そんなことは知っている。では、毎日食べる大好きなお肉はどこからどうやって、やってくる?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 もしもお肉がなかったら?(君んちの晩ごはん
  • 僕たちの知らないこと
  • 牛とのおつき合いのはじまり
  • お肉を食べないわけ
  • すき焼きと豚肉の登場!)
  • 第2章 お肉はどこからやってくる?(牛と豚がやってくる
  • おいしいお肉はだれのため?
  • 二つの大問題
  • お肉ができあがるまで
  • 職人さんの名人芸
  • 「人間」という生きもの
  • いのちを食べるということ)
  • 第3章 僕たちの矛盾、僕たちの未来(お肉禁止令
  • 僕らはとても忘れっぽい
  • 大人は、万能じゃない
  • 「穢れ」って、なに?
  • 「不浄」って、なに?
  • 僕たちの「弱さ」の歴史
  • 村ごと大引越し!?
  • 小さな優越感
  • 君はすべてを秘密にできるかい?
  • メディアの過ち
  • 無限大の傷つけ装置
  • だまされることの責任
  • 僕らの麻痺
  • 忘れなれない記憶
  • 僕たちが生きているということ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの食べかた
著作者等 100% Orange
及川 賢治
森 達也
書名ヨミ イノチ ノ タベカタ
書名別名 Inochi no tabekata
シリーズ名 よりみちパン!セ P002
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2011.7
ページ数 123p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-9002-5
NCID BB06522790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21960291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想