禅の第一義

鈴木大拙 著

禅は、鈴木大拙の精力的な活動により、アメリカ・ヨーロッパをはじめ、世界へ広がった。この人なくして、新しい思想としての禅の世界化はなかった。単に仏教のみに沈潜するのではなく、キリスト教との比較、ヨーロッパ文学や神秘主義への探究を通し、大拙は開かれた世界から禅を深めていった。禅を「宗教の極致」と位置づけるに至った初期の代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 第一義(緒言
  • 宗教の本義
  • 仏教とキリスト教
  • 宗教の極致これ禅
  • 禅の本領 ほか)
  • 第2篇 莫妄想(いかにして十二時を使い得るか
  • 禅的生涯
  • 無縄自縛
  • 禅学ならざるもの
  • 禅と虚無哲学 ほか)
  • 第3篇 解打鼓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禅の第一義
著作者等 鈴木 大拙
書名ヨミ ゼン ノ ダイ イチギ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 742
出版元 平凡社
刊行年月 2011.8
ページ数 238p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76742-1
NCID BB06493331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21980747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想