ひとはなぜ乳房を求めるのか : 危機の時代のジェンダー表象

山崎明子, 黒田加奈子, 池川玲子, 新保淳乃, 千葉慶 著

ときに人々を魅惑し、ときに宗教的・倫理的な観点から可視化を規制される乳房は、隠蔽されながらも性的な消費の対象になり、時代や社会によって「エロス」「卑猥」「母性」などのさまざまな価値観と結び付けられてきた。社会状況の変革や価値観の揺らぎなどの「時代の危機」に乳房イメージが生産・消費される契機を読み取り、ヨーロッパ中世、近世イタリア、戦中・戦後の日本映画、ピンクリボンキャンペーンなど、古今東西の乳房イメージと社会との関係を明らかにする。それらを通じて、女性の身体そのものから乖離している乳房イメージと、それに密接に絡み合うジェンダーの力学を解明する乳房文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 男/女の差異化-医学的言説における乳房(医学史概略とジェンダー
  • 医学史に見る乳房・乳をめぐる言説-体液としての乳
  • 薬剤としての乳)
  • 第2章 美の威嚇装置(ピンクリボンキャンペーンとは
  • ピンクリボンキャンペーンの歴史
  • 蓄積される乳房の表象
  • 新たな意味創造の困難
  • 「乳がんではない」美しい身体
  • 表象の裏切り
  • ピンクリボンキャンペーンをめぐる表象の政治学)
  • 第3章 「聖戦」論理の構築(戦時下日本映画にみる「授乳」のイメージ
  • 銃後映画の「授乳」イメージ
  • 戦地・占領地映画の「授乳」イメージ
  • 満洲移民映画の「授乳」イメージ)
  • 第4章 都市秩序の再生(ペスト危機と乳房イメージ
  • ペスト図像での乳房イメージ
  • 授乳しない乳房の系譜
  • 都市秩序の再生)
  • 第5章 男性優位のジェンダー秩序の再編/強化(「危機」の時代の/「危機」に抗する日本映画-レイプ表象の生産/消費の背景
  • 「俺たちをケダモノにしたのはお前たちじゃないか」-「劣情有理」とレイプ表象
  • 「あんたも、お嬢さんなんて仮面を早く取ることだな」-「レイプ神話」の定着へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとはなぜ乳房を求めるのか : 危機の時代のジェンダー表象
著作者等 千葉 慶
山崎 明子
新保 淳乃
池川 玲子
黒田 加奈子
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ チブサ オ モトメルノカ : キキ ノ ジダイ ノ ジェンダー ヒョウショウ
シリーズ名 青弓社ライブラリー 70
出版元 青弓社
刊行年月 2011.8
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3328-8
NCID BB06493105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想