熊野でプルーストを読む

辻原登 著

「ぼくは14歳で家を出た。そして、本と映画とともに生きてきた」。1990年に芥川賞を受賞した著者は、豊かな物語性と変幻自在の舞台設定によって多くの読者を魅了し続けている。さらに近年刊行された『東京大学で世界文学を学ぶ』は、読み手としての優れた能力を遺憾なく発揮した作品として話題を呼んだ。その著者が自らの著作の航跡と周辺をたどり「本のある生活」を綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私の「解説」(萬葉三感-私の愛する萬葉集
  • 熊野でプルーストを読む ほか)
  • 2 読書の周囲(私の「黒髪」遍歴
  • 大岡昇平の涙の水源 ほか)
  • 3 仕事のあとさき(禁忌と秘密
  • 船でShanghaiへゆく ほか)
  • 4 日常の点景から(もはやだれの息子でもない
  • フェリーニの都へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熊野でプルーストを読む
著作者等 辻原 登
書名ヨミ クマノ デ プルースト オ ヨム
シリーズ名 ちくま文庫 つ17-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.8
ページ数 321, 3p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42856-1
NCID BB06484432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21984537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想