東京裁判幻の弁護側資料 : 却下された日本の弁明

小堀桂一郎 編

東京裁判は、公正な裁判だったのか?検察官や裁判長の裁量により却下処分にされ、歴史の闇に葬られてしまった膨大な弁護側記録から、清瀬一郎弁護人の冒頭陳述や、マッカーサー、グルー大使等の証言をはじめとする18編を精選。戦争犯罪者として個人を裁くことや、「平和に対する罪」という曖昧な概念をふりかざすことのそもそもの問題点。日本の戦略をナチスになぞらえることにより、とりわけ知識人層を一部の軍国主義者により騙された被害者側へとまわすことに成功した占領軍側の戦略-。東京裁判の歪曲を鋭く指摘した解説付き。隠された日本の「真実」を明かす、貴重なドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 弁護側反証段階の総論(清瀬一郎弁護人 冒頭陳述(総論A)
  • 高柳賢三弁護人 冒頭陳述(総論B)
  • ローガン弁護人 冒頭陳述)
  • 第2部 弁護側反証の一般及び個別段階(徳富猪一郎 宣誓供述書
  • ワーレン弁護人、岡本(敏)弁護人 冒頭陳述「満洲部門」
  • 米アボツト記者の満洲視察記 ほか)
  • 第3部 弁護側最終弁論及び付録(ローガン弁護人 最終弁論・自衛戦論「日本は挑発挑戦され自衛に起つた」
  • 米国上院軍事外交合同委員会に於けるマッカーサー証言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京裁判幻の弁護側資料 : 却下された日本の弁明
著作者等 小堀 桂一郎
書名ヨミ トウキョウ サイバン マボロシ ノ ベンゴガワ シリョウ : キャッカサレタ ニホン ノ ベンメイ
書名別名 東京裁判日本の弁明
シリーズ名 ちくま学芸文庫 コ35-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.8
ページ数 572p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09397-4
NCID BB0647525X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21984539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想