耳を澄ませば世界は広がる

川畠成道 著

一九九八年のデビュー以来、クラシック界の第一線で活躍してきた天才ヴァイオリニストは、八歳の時に障害を負った視覚の代わりに、聴覚を研ぎ澄ますことで、周囲の世界を見つめてきた。街の雑踏、風音、見知らぬ人たちの会話、ホールに反響する歓声、友人や家族の息遣い、クライスラーのCD、自らが奏でる旋律、そして、胸に秘めた想い-。耳を澄ませば、曇りガラスの向こう側に、鮮やかな光景が浮かんでくる。人生を豊かにする「聞く力」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界には目を閉じた方がわかることもある
  • 第1章 自分を知る
  • 第2章 クラシック音楽について
  • 第3章 世界と自分をつなぐ道具
  • 第4章 聞こえてくる
  • 第5章 旅の音
  • 第6章 気楽な音楽
  • 第7章 聞く力
  • 終章 私の「四季」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 耳を澄ませば世界は広がる
著作者等 川畠 成道
書名ヨミ ミミ オ スマセバ セカイ ワ ヒロガル
書名別名 Mimi o sumaseba sekai wa hirogaru
シリーズ名 集英社新書 0604F
出版元 集英社
刊行年月 2011.8
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720604-3
NCID BB06472331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21973696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想