希望は絶望のど真ん中に

むのたけじ 著

今日の日本と世界をどう見すえ、この状況にどう立ち向かっていくか。九六歳のジャーナリストは、戦争をなくすことが最大の課題だと断言、人類の過去と未来の中に現在を位置づけ、希望のありかを探る。敗戦の日に戦争報道の責任をとって朝日新聞社を退社、戦後ジャーナリズムに屹立する著者が書き下ろした熱い「人類宛のラブレター」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歴史の歩みは省略を許さない
  • 第1章 現在を刺す七〇〇万年の歩み
  • 第2章 農耕の中から何ゆえに戦争が?
  • 第3章 人類の余命は四〇億年か四〇年か
  • 第4章 みんなの課題にみんなで取り組む
  • 結章 足元から世界を耕す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望は絶望のど真ん中に
著作者等 むの たけじ
武野 武治
書名ヨミ キボウ ワ ゼツボウ ノ ドマンナカ ニ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1323
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.8
ページ数 190, 2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431323-6
NCID BB06471598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21981765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想