低炭素社会のデザイン : ゼロ排出は可能か

西岡秀三 著

エネルギー消費を半減しても豊かな生活は可能だ。二酸化炭素排出抑制によって得られる安定な気候こそ、豊かな生活の基本である。省エネルギー技術、社会インフラの組替え、エネルギー供給システムの革新によって、低炭素社会は実現できる。ゼロ排出に向けて、今世紀半ばまでに七〇パーセント削減する現実のシナリオを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 安定な気候という資源
  • 第2章 未来からのシナリオ(どのような社会にしたいのか
  • エネルギーサービスとは
  • 需要は減らせる
  • 費用と負担)
  • 第3章 技術はどこに向かうか(住宅とビル環境を考える
  • 移動と輸送を見直す
  • 変貌する産業構造の中で
  • エネルギー技術の近未来)
  • 第4章 地域・企業・生活はどう変わる?(先行する都市
  • 土地を守るものの新しい役目
  • 高度知識産業への転換
  • 企業の新しい挑戦
  • エネルギーシステムをどうするか
  • どのような社会基盤が必要か)
  • 第5章 世界を変えるには(技術を社会に入れ込む
  • 低炭素化に向かう国々
  • ライフスタイルは変わるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 低炭素社会のデザイン : ゼロ排出は可能か
著作者等 西岡 秀三
書名ヨミ テイタンソ シャカイ ノ デザイン : ゼロ ハイシュツ ワ カノウ カ
書名別名 Teitanso shakai no dezain
シリーズ名 岩波新書 新赤版1324
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.8
ページ数 187, 2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431324-3
NCID BB0647126X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21986532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想