大災害の経済学

林敏彦 著

巨大災害有事における復旧復興の道筋とその際の政策対応はどうあるべきか?アメリカにおける9.11同時多発テロ、ハリケーン・カトリーナの連邦政府対応や、著者自身も設立に関わった阪神・淡路大震災における震災復興基金などの事例をもとに、いかに復興をファイナンスできるのかを検証し提言する。大災害のような緊急事態では、平時の常識を超えた異例な対応が必要。被災地住民の自力復興を中心とする民間努力を基本としつつも、地方自治体のみならず政府のコミットメントが不可欠であると説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序にかえて-デジャ・ヴュ
  • 災害大国日本
  • 緊急事態法制
  • 日本の政治指導力
  • 震災復興基金
  • アメリカの政治指導力
  • 国土安全保障省とハリケーン・カトリーナ
  • 阪神・淡路大震災
  • 経済復興の十年
  • 災害復興計画
  • まぼろしの免税島構想
  • 経済被害と災害復興
  • 東日本大震災からの復興に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大災害の経済学
著作者等 林 敏彦
書名ヨミ ダイサイガイ ノ ケイザイガク
シリーズ名 PHP新書 750
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.9
ページ数 283p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79874-5
NCID BB06469905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21976167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想