なぜAiが必要なのか : 死因不明社会 2

海堂尊 編著 ; 塩谷清司, 山本正二, 飯野守男, 高野英行, 長谷川剛 著

誰にでも一生に一度、平等に行われるべき検査、それが死因検査だ。だが、この国の死因究明の実態はとても貧しい。大切な人の死因がわからない悲しみ、犯罪や医療ミスが介在するのではという疑い。そうした「死因不明」の闇は、医療を、社会を、そして人々の心を歪めていく。この問題を解決する「Ai」の理念を『死因不明社会』で示した海堂尊が改めて提示し、医療最前線で活躍する5人の第一人者とともにAiの真の力を見せつける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 Aiの概念
  • 第2章 Aiの歴史
  • 第3章 Aiと医療
  • 第4章 Aiと捜査
  • 第5章 Aiと司法
  • 第6章 Aiと倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜAiが必要なのか : 死因不明社会 2
著作者等 塩谷 清司
山本 正二
海堂 尊
飯野 守男
長谷川 剛
高野 英行
書名ヨミ ナゼ Ai ガ ヒツヨウ ナノカ : シイン フメイ シャカイ
シリーズ名 ブルーバックス B-1735
出版元 講談社
刊行年月 2011.8
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257735-9
NCID BB06456652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想