iPS細胞とはなにか : 万能細胞研究の現在

朝日新聞大阪本社科学医療グループ 著

人体のどんな組織や臓器をも作り出すことができる万能細胞の実現は、医療に革命をもたらすと期待されている。iPS細胞の発見は、その扉を大きく開いた。しかし同時にそれは、世界規模の研究競争の幕開けでもあった。山中伸弥教授のiPS細胞を中心に、世界の万能細胞研究の現在を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山中伸弥ストーリー
  • 第2章 「リプログラム」への挑戦
  • 第3章 ヒトES細胞をめぐる論争
  • 第4章 国内の研究体制
  • 第5章 特許のゆくえ
  • 第6章 応用への期待
  • 第7章 応用への課題
  • 第8章 さまざまな万能細胞
  • 第9章 ハーバードに見るアメリカの強さ
  • 第10章 山中伸弥・京都大学教授インタビュー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 iPS細胞とはなにか : 万能細胞研究の現在
著作者等 朝日新聞社
朝日新聞大阪本社科学医療グループ
書名ヨミ iPS サイボウ トワ ナニカ : バンノウ サイボウ ケンキュウ ノ ゲンザイ
シリーズ名 ブルーバックス B-1727
出版元 講談社
刊行年月 2011.8
ページ数 170, 4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257727-4
NCID BB06453712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想