肉食と草食の日本史

本郷和人, 大竹直子, 堀田純司 著

草食クオリティが登場し人口が激増した江戸時代。ガンダムに見られる文と武の交替。AKB48新撰組論。TPPと鎖国。「こんな大胆な視野があったのか」。魅惑の東大歴史学者が、あなたに新しい日本史を教えます。一番新しくて面白い、とてもためになるジャパンヒストリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肉食と草食の日本史(混沌の世界に暴力の光をあてる
  • 中世の自由は殺される自由 ほか)
  • 第2章 歴史、政治体制、ロボットアニメ(文と武の交替という原型
  • 自立できる女性は筋肉エリートを ほか)
  • 第3章 「ええ、あとづけの空論なのは承知ですが、それでも、AKBのことを話したいんです」(AKB48猿楽伝統演劇論
  • 「会いに行ける」というアナログの価値 ほか)
  • 第4章 開国か、鎖国か。グローバル化かガラパゴス化か(TPPの元祖、平清盛
  • 日本は既得権益派が強い国である ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肉食と草食の日本史
著作者等 堀田 純司
大竹 直子
本郷 和人
書名ヨミ ニクショク ト ソウショク ノ ニホンシ
書名別名 Nikushoku to soshoku no nihonshi
出版元 中央アート出版社
刊行年月 2011.7
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8136-0631-4
NCID BB06441790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21955535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想