「社会」の誕生

菊谷和宏 著

神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき、「社会科学」が生まれた。19世紀フランスに生まれたトクヴィル、デュルケーム、ベルクソンという三者を、ひとつの流れとして読み解く、これまでにない「ユニーク」な思想史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 分解する現代社会-「社会」という表象
  • 第1章 トクヴィル:懐疑(超越性に包含された世界と人間-二月革命以前
  • 世俗世界の分離、「社会それ自体」の出現-二月革命 ほか)
  • 第2章 デュルケーム:格闘(実証科学としての社会学の創造-物としての社会的事実
  • 歴史的背景-第三共和制初期 ほか)
  • 第3章 ベルクソン:開展(意識、持続、自由
  • 生命一般と物質一般、生命の原理としての創造的自由 ほか)
  • 終章 誕生した社会:絡繰-相互創造の網と人間的超越性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「社会」の誕生
著作者等 菊谷 和宏
書名ヨミ シャカイ ノ タンジョウ : トクヴィル デュルケーム ベルクソン ノ シャカイ シソウシ
書名別名 トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史
シリーズ名 講談社選書メチエ 506
出版元 講談社
刊行年月 2011.8
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258508-8
NCID BB06423201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21971486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想