敗戦三十三回忌 : 予科練の過去を歩く

宮田昇 著

15歳の軍隊生活の足跡を、丹波市、大津と琵琶湖、福知山、綾部へとたどる。あの体験は戦後の生きかたに直結したのか。封じ込めていた過去と、今こそ対話する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 軍国少年
  • 三十三回忌の旅(丹波市
  • 大津
  • 福知山飛行場
  • 福知山校庭
  • 綾部
  • ふたたび大津
  • 比叡山)
  • エピローグ その戦後
  • 謝辞 「耕地復旧記念碑」について
  • あとがき 「三十三回忌の旅」から複合災害まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗戦三十三回忌 : 予科練の過去を歩く
著作者等 宮田 昇
書名ヨミ ハイセン 33カイキ : ヨカレン ノ カコ オ アルク
出版元 みすず書房
刊行年月 2011.7
ページ数 192p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07617-9
NCID BB06414641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21962403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想