傍鞍部病変の手術 : ここの病変こそ,解剖が手術の生命線

塩川芳昭 編

[目次]

  • 1 解剖(海綿静脈洞の基本解剖"Triangles"
  • 傍鞍部の膜構造 ほか)
  • 2 画像診断と周術期管理(傍鞍部腫瘍の画像診断
  • 神経症候-視機能温存のために ほか)
  • 3 血管病変(内頸動脈動脈瘤(海綿静脈洞)-内頸動脈閉塞+RAグラフト術
  • 内頸動脈動脈瘤(C2) ほか)
  • 4 腫瘍(髄膜腫-Medial sphenoid ridge
  • 髄膜腫-Tuberculm sellae ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 傍鞍部病変の手術 : ここの病変こそ,解剖が手術の生命線
著作者等 塩川 芳昭
寺本 明
書名ヨミ ボウアンブ ビョウヘン ノ シュジュツ : ココ ノ ビョウヘン コソ カイボウ ガ シュジュツ ノ セイメイセン
シリーズ名 NS now no.15
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2011.8
ページ数 214p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-7583-1194-6
NCID BB06409798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21972922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想